【東京近郊】はじめての子連れキャンプにおすすめ! 子連れ旅プランナー・中島誠子が選ぶキャンプ場5選

全国

2022.04.22

LINEでシェア
はてなでシェア
【東京近郊】はじめての子連れキャンプにおすすめ! 子連れ旅プランナー・中島誠子が選ぶキャンプ場5選

「旅色の旅行プラン」のプランナーにして、子連れ旅とアウトドアが大好きな旅ライターの中島誠子です。最近の旅行トレンドは、自然のなかで三密を避けた家族旅行を楽しみたいという方も多いそう。そんな時におすすめなのが、子連れキャンプ! 「家族でキャンプデビューしたい」という方は、グッズもテントも必要のないキャンプ場が◎。
特にお子さん連れの場合は、エアコンやお手洗いなどの設備が充実したコテージなどに泊まるといいでしょう。キャンプの醍醐味は、家族の絆を深められたり、自然に触れたり、非日常体験ができること。家族でBBQや焚き火をして、お子さんとの思い出を作ってみませんか? 今回は初めてのキャンプにおすすめのキャンプ場を5つ、厳選してご紹介します。
※料金目安はすべて大人2名+幼児1名/平日のものとなります

Text&Photo: 中島誠子

目次

閉じる

【1】夢のツリーハウスにも泊まれるキャンプ場/群馬県・北軽井沢

【2】週末は予約が取りにくいほどの人気キャンプ場/栃木県・那須

【3】野菜収穫体験もできる農園の中のキャンプ場/千葉県・香取

【4】入場無料の遊園地が隣接したキャンプ場/神奈川県・相模原

【5】富士山を眺めながらの滞在が叶うキャンプ場/静岡県・裾野市

【特別編】川遊びもできる! 埼玉の超人気キャンプ場/埼玉県・飯能

著者プロフィール

おわりに

【1】夢のツリーハウスにも泊まれるキャンプ場/群馬県・北軽井沢

「北軽井沢スウィートグラス」は、豊かな自然に囲まれて絵本の世界のようなフィールドが広がる、日本有数のキャンプ場。宿泊サイトが多彩で、広大な敷地に個性的なコテージやキャビン、持ち込みテントサイトが点在し、キャンプが初めての方から上級者まで幅広いキャンパーに対応しています。おすすめは、お手洗いやお風呂完備の「コテージトントゥの庭」。ロフトにハンモックがあるなど、遊び心がいっぱいです。また、人気のツリーハウス「ツリーハウス・マッシュルーム」は、1度は泊まってみたい夢のハウス! ハウス内にお手洗いはないものの、外に出れば徒歩約1分以内の場所にあります。また、敷地内に貸切風呂があるので子連れも安心です。さらに、アスレチック、ボルダリング、トランポリン、ブランコなど遊具が充実。ほかにもイベントやワークショップが毎日開催されているので、何泊も泊まりたくなるキャンプ場です。

◆北軽井沢スウィートグラス
住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
TEL:0279-84-2512
料金目安:8,800円~(素泊まり・キャビン)
※料金目安はすべて大人2名+幼児1名/平日のものとなります(以下、同)

【2】週末は予約が取りにくいほどの人気キャンプ場/栃木県・那須

那須ICから車で約7分、アメリカン・カントリースタイルのオートキャンプ場。敷地内にはキャビン、バンガロー、コテージなどがそろい、さまざまなスタイルに合わせたキャンプが楽しめます。「こどもにキャンプ」をコンセプトに、キッズ向けの遊具やイベントを用意しているほか、キャンプ場外周にはネットフェンスを設置。子供が誤って迷い出ないように配慮しています。宿泊は子連れのファミリー、または大人2名のみの利用に制限。お子さんが安心して楽しめるつくりになっています。宿泊は、お手洗いのあるキャビンやコテージがおすすめですが、お部屋の中に滑り台がある秘密基地のような「バンガロー」も見逃せません。また、2022年4月28日オープンの「キッズプレイ・コテージ」はお庭に遊具を設置していて、人気になること間違いなし。ジャブジャブ池、アスレチック、水晶を掘り当てるアトラクション「クリスタルハンター」などの施設以外にも、ビンゴパーティ、ハンバーガー作りなど、イベントやアクティビティが目白押しで、楽しさいっぱいです。

◆キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原
住所:栃木県那須郡那須町高久甲5861-2
TEL:0287-64-4677
料金目安:11,000円~(素泊まり・キャビン)

【3】野菜収穫体験もできる農園の中のキャンプ場/千葉県・香取

千葉県の美しい里山に広がる農園リゾート「ザファーム」内にあるキャンプ場。食事付きのコテージやグランピング、持ち込みテントサイトのほか、カフェや天然温泉、ミニ動物園などさまざまな施設があり、敷地内で丸1日遊べる場所です。また、1年を通じて約60品目100種類もの野菜収穫体験をはじめ、ジップライン、焚き火などのブッシュクラフト、カヌーといったアクティビティも豊富。グランピングエリアには遊具や人工の川があり、遊び回れる充実度です。宿泊には、エアコンやお手洗い、お風呂を完備した「コテージ」がおすすめ。よりキャンプ感を味わいたい方はグランピング、そして本格的なキャンプにトライしてみたい方は、「手ぶらキャンププラン」をチェックしてみて。宿泊者専用の滑り台や、ボルダリングが付いた「アスレチックキャンプ」も用意されていますよ。

◆THE FARM(ザファーム)
住所:千葉県香取市西田部1309-29
TEL:0478-79-0666
料金目安:44,616円~(2食・温泉・収穫体験付き・グランピング)

【4】入場無料の遊園地が隣接したキャンプ場/神奈川県・相模原

神奈川県の人気遊園地「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」内にあるキャンプ場。広大な敷地に、テントサイト、トレーラーハウス、ログキャビン、オートキャンプサイトが点在し、さまざまなスタイルのキャンプが体験できます。おすすめは、エアコンやお手洗い、シャワーを完備した「トレーラーハウス」。食事付きプランもあり、トレーラーハウス前のテラスでBBQや焚き火が楽しめます(一部、焚き火不可の宿泊施設あり)。キャンプに必要な基本的なものは管理棟で購入・レンタルも可能です。本格的なキャンプに近づきたい方は、常設テントやBBQ設備がセットされた「セットアップテントサイト」へぜひ。なんと宿泊者は、滞在中プレジャーフォレストが入園料無料! アスレチックなど無料で遊べるアトラクションや日帰り温泉もあるので、キャンプの前後も楽しさ満載です。

◆PICAさがみ湖(ピカ さがみこ)
住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634 さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト内
TEL:042-685-0917
料金目安:19,500円~(素泊まり・キャビン)

【5】富士山を眺めながらの滞在が叶うキャンプ場/静岡県・裾野市

富士山の麓に位置する遊園地「ぐりんぱ」隣接のキャンプ場。雄大な富士山を目の前に臨む景色も素晴らしいキャンプ場で、コテージやトレーラーハウス、テントなど、さまざまなキャンプ施設が楽しめます。標高約1200mの立地にあるため夏でも快適。おすすめは、エアコンやお手洗い、シャワー完備の「トレーラーコテージ」。食事付きプランもあり、各コテージのテラスでBBQが楽しめます(一部、焚き火不可の宿泊施設あり)。富士山を眺めながらのBBQや焚き火は、最高の贅沢! 宿泊者は滞在中、ぐりんぱの入場料が無料です(アトラクションは一部無料だが、別途有料)。子供向けのアトラクションやアスレチックが多く、小さなお子さん連れでも遊べますよ。日中は遊園地で遊び、夕方からはキャンプを満喫してみてはいかがでしょう。

◆PICA富士ぐりんぱ(ピカふじぐりんぱ)
住所:静岡県裾野市須山字藤原2427
TEL:0555-30-4580(PICAヘルプデスク)
※ぐりんぱは冬季クローズ、2022年は4月23日~営業再開となります
料金目安:13,600円~(素泊まり・コテージ)

【特別編】川遊びもできる! 埼玉の超人気キャンプ場/埼玉県・飯能

最後に、我が家が大好きなキャンプ場をご紹介します。ここは、東京都心からわずか1時間の好立地なオートキャンプ場。エアコン付きのログハウスやログハウス、常設テントサイト、持ち込みテントサイト、設営済みのテントサイトが用意されています。イチオシのポイントは、場内を流れる美しい名栗川(なぐりがわ)。夏場は川がせき止められ、自然のプールに! お魚やカニなど生き物がたくさんいるので、お子さんが喜ぶこと間違いなしです。場内マス釣り場も設けられ、釣ったマスはその場で串打ち。またバスケットやバドミントン、卓球などができる広場があり、思いっきり遊ぶことができます。キャンプや川遊びに必要なグッズの販売品、レンタル品が充実。お食事付きプランもあり、初心者でも気軽に利用できます。また、大人のみのグループキャンプが不可になっているため、子連れのファミリーに安心です。

◆ケニーズ・ファミリー・ビレッジ/オートキャンプ場
住所:埼玉県飯能市上名栗3196
TEL:042-979-0300
料金目安:10,450円~(素泊まり・ログハウス)

著者プロフィール

中島誠子(なかじまもとこ)

大学時代から旅にハマり、卒業後は旅行会社に就職。これまで国内、海外を多く旅してきた。現在は3児のママで、育児と旅をしながらライティング活動を行う。好きなワードは「温泉」「キャンプ」「グルメ」「絶景」。

おわりに

数年前から続くキャンプブーム。もうそろそろ始めてみようと思っているパパママもいらっしゃるでしょう。今回紹介した6か所は初心者の方にやさしいキャンプ場なので、どこを選んでも間違いありません。ただ、昨今のブームで、どのキャンプ場も週末は特に予約が取りにくくなっているので早めに計画を。お子さんとの初キャンプを楽しみましょう! このほか、「旅色の旅行プラン」では、子供と楽しめるサイクリングなどを交えた「子連れ旅」プランなども公開中。ぜひ、そちらもチェックしてみてください。

関東を中心とした子連れ旅プランはこちら▶

Related Tag

#旅 #キャンプ #グランピング #旅行 #夏 #子連れ旅 #子連れ #水遊び

Author

TABIIRO

旅色編集部

編集部おすすめの記事や、注目のインタビュー、旅色に関するニュースなどを発信しています。メンバー限定で参加できるファンコミュニティ(likes.tabiiro.jp)の活動報告や、イベント情報も! ▽注目のコンテンツ ・読めばきっと旅気分「月刊旅色」 ・ローカルにフォーカスする「FO-CAL」 ・おいしいが見つかる「旅色おとりよせグルメ」「旅色おとりよせグルメ」 ・宿のとっておきのモノだけを紹介「旅色の宿マルシェ」

Articles

7月2日(土)は池上本門寺でコケに癒される。 コケ愛好家・藤井久子さんとめぐるコケ観察会、参加者募集!

【全国】次なる世界遺産はどこ!? 世界遺産検定マイスター・あけひとみが予想

【東京】旅とカヌレは好相性! 旅色コンシェルジュ・板垣がおすすめするカヌレの名店5選

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

全国

2022.06.23

旅色LIKESメンバーが「あじさい」を愛でる。全国のおすすめスポットを紹介

シラタ

編集部

  • NEW

福岡県

2022.06.23

リゾート気分を身近なところで楽しむ! 「ザ・ルイガンズ.スパ&リゾート」で“ホカンス”をしました

エリー

映え旅

  • NEW

東京都

2022.06.21

枯死の危機を乗り越えた“コケ界のレジェンド”に会いに、池上本門寺へ【コケ愛好家・藤井久子の“コケ目線”で歩く寺社仏閣めぐり第三回】

藤井久子

コケ愛好家

  • NEW

東京都

2022.06.21

スイーツの領域展開! 代々木公園にあるパンとケーキの店「ホルン」で異世界に包まれる

村田倫子

スイーツ旅

  • NEW

全国

2022.06.20

【応募〆切迫る】旅行プラン投票対決キャンペーン中間発表!!

タジマ

編集部

  • NEW

新潟県

2022.06.20

食と景観を楽しむ列車「海里」で日本海を堪能する旅へ

なお

旅色LIKESライター

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

編集部

シラタ

映え旅映え旅

エリー

コケ愛好家

藤井久子

スイーツ旅スイーツ旅

村田倫子

編集部

タジマ

旅色LIKESライター旅色LIKESライター

なお

作家・作詞家

高橋久美子

アート旅アート旅

大石絵理