【関西・滋賀】琵琶湖周辺でおすすめのホテル・宿6選 プール付きの宿泊施設もご紹介

更新日:2024/07/10

【関西・滋賀】琵琶湖周辺でおすすめのホテル・宿6選 プール付きの宿泊施設もご紹介

琵琶湖は日本最大の湖で、湖水浴スポットやマリーナには年間約70万人もの観光客が訪れます。また、周辺の雄大な自然を感じながらのサイクリングやウォーキングも人気があります。さらに、比叡山延暦寺やメタセコイヤ並木、彦根城など周辺には有名な観光スポットが多く、一年を通して人気の観光エリアです。本記事では、琵琶湖周辺でおすすめのホテル・宿6選をご紹介します。プール、バーベキューやSUP体験など、琵琶湖の自然を感じながら楽しめるアクティビティを体験できる宿泊施設を紹介していますので、琵琶湖周辺で宿泊施設をお探しの方はぜひご覧ください。

丸仁館

冬にはスキー、夏にはSUPを楽しむ拠点に

丸仁館は、琵琶湖から車で約6分でアクセスできる創業から50年以上経った歴史ある宿です。6畳、8畳、10畳、12畳の和室から、旅の目的や人数に合わせた客室を選べます。また、宿泊料金がアクティビティとセットになったプランでお得にSUP体験が可能です。お食事は、自家製の近江米コシヒカリや近江しゃものすき焼き、夏季にはバーベキューをいただけます。清潔感ある湯殿で、疲れをじっくり癒やしましょう。

びわ湖大津プリンスホテル

琵琶湖の絶景を見渡せる、パノラマビュー

びわ湖大津プリンスホテルは、客室すべてから琵琶湖を見渡せるパノラマビューのホテルです。夏季限定で解放される琵琶湖を見渡しながら泳げるプールは、老若男女問わず楽しめます。琵琶湖を眺めながら和洋中のブッフェがいただけるダイニングや、バー、日本料理レストランなど6つのお店が館内にあるため、好みのお食事をいただきましょう。ホテル前の桟橋から出る琵琶湖のクルーズや、ガーデンレストランでのバーベキューなど各種アクティビティを体験できます。

たらいち邸

古き良き日本を五感で味わう

たらいち邸は、1日1組限定で古民家を一棟貸し切りできる宿です。琵琶湖までは車で約7分でアクセスできます。屋内は、かまどや囲炉裏など、古民家の古き良き雰囲気を残しつつ、キッチンやトイレなどはリノベーションされているため快適な時間を過ごせるでしょう。季節によって、農業体験や餅つき、豆腐作り、流しそうめんなどのさまざまな体験ができます。さらに、かまどで炊いたご飯やジビエ料理など、ここでしか味わえない料理をいただけます。

奥琵琶湖マキノグランドパークホテル

奥琵琶湖を望みながら、のんびりとした時間を過ごす

奥琵琶湖マキノグランドパークホテルは、目の前に琵琶湖を望むリゾートホテルです。夏季には、ホテル目の前のプライベートビーチで泳げます。また、客室はログハウスを彷彿とさせる木を基調としたデザインとなっており、自然で落ち着いた雰囲気の中のんびりと過ごせます。レストランでは、琵琶湖を眺めながら旬の食材にこだわったお食事を堪能しましょう。昼はカフェ、夜はバーとして利用できる明るい雰囲気のラウンジで、琵琶湖を望みながらゆったりとした時間を過ごすのもおすすめです。

ロテル・デュ・ラク

琵琶湖の自然に包まれながら、絶品料理に舌鼓

ロテル・デュ・ラクは、全15室の客室、ラウンジ、ロビーから琵琶湖を一望できるホテルです。夏季限定でプライベートプールと子ども用プールが利用でき、夏を満喫できます。また、館内には2カ所貸切風呂があるため、プライベートな空間を家族でゆっくり過ごせます。フランスでミシュランガイドと双璧の「ゴ・エ・ミヨ Gault&Millau JAPAN2024」に掲載された館内のレストラン「SOWER(ソウアー)」で、地元の四季折々の食材を活かした料理に舌鼓を打ちましょう。

STAGEX高島

非日常を味わえる、贅沢な空間

STAGEX高島は、琵琶湖畔にある宿泊やバーベキュー、サイクリングなどが楽しめる総合グランピングリゾートです。家具にこだわったキャビン、可愛いフォルムのテント、丸いドーム型テントの3タイプの客室から好みのものを選べます。フローティングサウナや、果樹狩り、SUPなどたくさんのアクティビティを体験できます。発酵ダレで楽しむバーベキューや鮒寿司、近江牛や近江鴨など、滋賀名物をじっくり味わいましょう。

まとめ

本記事では、琵琶湖周辺でおすすめのホテル・宿6選をご紹介しました。プールやプライベートビーチのある宿泊施設は夏の琵琶湖観光にぴったりです。いずれの宿泊施設も客室の特徴や味わえる食事、体験できるアクティビティなどが異なりますので、旅の目的に合わせて選択しましょう。琵琶湖の自然を全身で感じながら、日々の疲れを癒やしてくださいね。

旅色編集部 おおもり

参考になりましたか? 旅行・おでかけの際に活用してみてください。

記事企画・監修:旅色編集部 おおもり