みんなが大満足で一生の思い出に!

家族旅行におすすめの宿

親孝行として、卒業祝いに……など、家族旅行や三世代旅行の人気が高まっています。そんな三世代での家族旅をめいっぱい楽しむには、宿は厳選したいもの。みんなが満足できて一生の思い出になる、そんな宿で過ごしてみませんか?

人気ランキングはこちら▸

旅色編集部 Pick up

  1. Pick up1

    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ

    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ

    大阪府 / 大阪市此花区

    観光はもちろん家族での滞在時間を満喫できるホテル

    「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」「Zepp大阪ベイサイド」が徒歩圏内、大阪市街にもアクセス抜群の立地にあるホテル。観光の拠点だけでなく、「花畑」「ジャングル」「宇宙」といったコンセプトのユニークな客室が人気だ。子どもの添い寝が可能な「スーペリアツイン」や定員6名の「デラックス6」など、全7タイプの客室を揃えており、親子から3世代まで、さまざまな顔ぶれでの家族旅行が叶う。植物や動物などを描いたインテリアが、旅の思い出を特別なものに演出してくれるだろう。

    大阪府 / 大阪市此花区

    ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ

    住所
    大阪府大阪市此花区桜島1丁目1-57
    アクセス
    電車:JRゆめ咲線 桜島駅から徒歩約4分、JRゆめ咲線 ユニバーサルシティ駅から徒歩約10分 車:阪神高速湾岸線 ユニバーサルシティICから約4分

    こちらの記事も合わせて読みたい

家族旅行のおすすめスポット

色とりどりの花々が咲き乱れる絶景 春におすすめ

春は花々が一斉に咲く季節。関西では吉野山の桜、九州ではハウステンボスのチューリップ、関東ではいすみ鉄道沿いの菜の花畑など、花の名所ではこの時期だけの絶景が楽しめます。イチゴ狩り農園や牧場などの体験型観光スポットも、子供たちに人気です。

自然のなかでアクティブに遊ぼう 夏におすすめ

夏休みは涼しく遊びたいもの。マリンアクティビティ充実の沖縄や、湖水浴、ウォータースポーツが楽しめる琵琶湖などは、そんな家族の旅行先にぴったりです。軽井沢、那須、信州の高原、北海道などの避暑地や、自然や温泉を満喫できる伊豆もおすすめです。

食と体験で季節の恵みを存分に味わう 秋におすすめ

恵みの秋は、美しい景色と豊かな実りの季節。関西では京都や奈良、関東では箱根や日光で鮮やかな紅葉が楽しめます。山梨・勝沼でのブドウ狩り、福島でのフルーツ狩り、東北や信州でのリンゴ狩り、和歌山でのミカン狩りなど、家族で果物狩りにも挑戦できます。

日中遊んだ後は温泉でほっこり 冬におすすめ

冬の楽しみといえば、温泉とスノーアクティビティ。北海道や東北、長野、新潟ではスノーアクティビティと温泉の両方が楽しめる宿が揃っています。また、福島、長野、山梨、岡山、大分などでは、澄んだ空気のなか、家族でのスターウォッチングがおすすめです。

家族旅行のおすすめは「旅育」をすること

「旅育」とは、旅を通して子供の心や人間性の成長を促すことです。例えば、旅先で初めてスキーに挑戦した経験は、子供の好奇心や挑戦心を育み、子供にとって家族との大切な思い出にもなるでしょう。このような「旅先だからできる経験」をすすめる旅育には、「親子の絆を深める」、「子供の可能性が広がる」、「子供の視野が広がる」効果があるとされ、特に言葉を理解し始める3~9歳ぐらいの時期は旅育に適しているといわれています。旅先選びを工夫することは、旅育の効果を高めることにもつながります。次の家族旅行の際は、自然に触れられる場所へ行く、収穫体験を組み込むなど、旅育を意識してみてはいかがでしょうか。

家族旅行のおすすめスポット

色とりどりの花々が咲き乱れる絶景 春におすすめ

春は花々が一斉に咲く季節。関西では吉野山の桜、九州ではハウステンボスのチューリップ、関東ではいすみ鉄道沿いの菜の花畑など、花の名所ではこの時期だけの絶景が楽しめます。イチゴ狩り農園や牧場などの体験型観光スポットも、子供たちに人気です。

自然のなかでアクティブに遊ぼう 夏におすすめ

夏休みは涼しく遊びたいもの。マリンアクティビティ充実の沖縄や、湖水浴、ウォータースポーツが楽しめる琵琶湖などは、そんな家族の旅行先にぴったりです。軽井沢、那須、信州の高原、北海道などの避暑地や、自然や温泉を満喫できる伊豆もおすすめです。

食と体験で季節の恵みを存分に味わう 秋におすすめ

恵みの秋は、美しい景色と豊かな実りの季節。関西では京都や奈良、関東では箱根や日光で鮮やかな紅葉が楽しめます。山梨・勝沼でのブドウ狩り、福島でのフルーツ狩り、東北や信州でのリンゴ狩り、和歌山でのミカン狩りなど、家族で果物狩りにも挑戦できます。

日中遊んだ後は温泉でほっこり 冬におすすめ

冬の楽しみといえば、温泉とスノーアクティビティ。北海道や東北、長野、新潟ではスノーアクティビティと温泉の両方が楽しめる宿が揃っています。また、福島、長野、山梨、岡山、大分などでは、澄んだ空気のなか、家族でのスターウォッチングがおすすめです。

家族旅行のおすすめは「旅育」をすること

「旅育」とは、旅を通して子供の心や人間性の成長を促すことです。例えば、旅先で初めてスキーに挑戦した経験は、子供の好奇心や挑戦心を育み、子供にとって家族との大切な思い出にもなるでしょう。このような「旅先だからできる経験」をすすめる旅育には、「親子の絆を深める」、「子供の可能性が広がる」、「子供の視野が広がる」効果があるとされ、特に言葉を理解し始める3~9歳ぐらいの時期は旅育に適しているといわれています。旅先選びを工夫することは、旅育の効果を高めることにもつながります。次の家族旅行の際は、自然に触れられる場所へ行く、収穫体験を組み込むなど、旅育を意識してみてはいかがでしょうか。

シーンに合わせて「宿」を選ぼう!

やりたいことは全部楽しむ 大人が満足できる宿

大人だけの旅は、誰に気兼ねすることなくやりたいことをやるチャンス。テーマパーク併設のホテルなら、ホテルでもパークの世界観を楽しめ、思い出に残ること間違いなしです。夏に海遊びがしたいならマリンアクティビティが揃ったリゾートホテル、行きたい場所があるならツアーがある宿、ゆっくりと長期滞在したいならプールのあるホテルなど、やりたいことが全部揃った宿を選べば、ワンランク上の旅になります。

  • フォレストヴィレッジ

    山梨県 / 南都留郡

    フォレストヴィレッジ

    愛犬と一緒に宿泊する寛ぎのラグジュアリーリゾート

    ラグジュアリーステイを愉しむリゾート施設「フォレストヴィレッジ」は、5万坪ほどある広大な施設「フジプレミアムリゾート」の南側、富士山麓の森のなかに立つ。部屋はそれぞれデザインが異なり、愛犬と宿泊できる部屋とプランも充実。なかでも「わんヴィレッジ」が評判で、手ぶらで訪れることができるほどアメニティグッズが揃い、予約すれば愛犬用の食事も注文できる。プライベートドッグランが付いたタイプなど、部屋は多彩。

  • 桐のかほり咲楽

    静岡県 / 賀茂郡

    桐のかほり咲楽

    伊豆の海を一望する露天風呂付き全4室のみの癒し宿

    今井浜を望む小高い丘の上に立つ温泉宿。客室は4室のみで、全室に露天風呂を設えており、テラスからは海や山々を一望する。桐や杉の無垢材、珪藻土などの天然素材にこだわって造られた室内は、日本古来の和の趣と洋の機能美が融合。風情に浸りながら快適に過ごせる。“海”と“河津桜”をコンセプトとする自慢の庭は、海を背景にさまざまな草木で彩られ、河津桜の時期には庭いっぱいに桜が咲き誇る。絶妙のタイミングでテーブルへ運ばれる地場食材を使った料理は滋味深く、ゆっくりと味わいたい。

  • 旅館 むら山

    岐阜県 / 高山市

    旅館 むら山

    飛騨高山の旅情に触れる郷土料理と温泉が自慢の宿

    城下町・飛騨高山の西、松倉山のふもとに佇む、郷土料理が自慢の温泉宿。古民家風の木造建築の館内には、風情あふれる本格和室が取り揃い、飛騨路の旅情に触れて寛げる。男女別の大浴場や2つの貸切風呂では、優しい泉質の高山天然温泉で心ほどける湯浴みを。食事は、旬な地物食材を盛り込んだ店主お手製の郷土料理。各種プランを用意しており、好みに合わせて選べる。名物の五平餅や炉端焼きの川魚、「飛騨牛」を使った料理など、心ゆくまで堪能したい。飛騨高山の古い街並みへは歩いて30分ほど。朝早くの街並み散策もおすすめだ。

  • 五氣里-itsukiri-

    千葉県 / いすみ市

    五氣里-itsukiri-

    旅の目的に合わせて部屋が選べる宿泊スタイル

    いすみの山を切り開いて造られた「五氣里-itsukiri-」。自然の空気を味わいながらも、ワンランク上のリゾートステイが体感できる、全20棟の宿泊施設が揃う。サウナ付きや一棟貸しスタイルのプライベートヴィラから、グランピングテントまで、さまざまな部屋タイプがあり、目的や理想に合わせて選ぶことが可能だ。シャンプー、コンディショナー、ボディソープといったアメニティが用意されており、まるで家のように過ごせるが、各部屋で温泉が愉しめるなど、自宅以上に寛げるのも特徴のひとつ。

大人が楽しめる家族旅行におすすめな宿をエリア別で探す

家族みんなで1日中遊べる アクティビティ充実の宿

子供連れの旅行は、子供が飽きずに遊べる施設があるかが宿選びのポイント。大型スライダーを備えたプールやテーマパークを併設したホテルなら、1日中思いっきり遊ぶことができ、疲れてもすぐに部屋で休めるので安心です。土地自慢の山海の幸やデザートが揃ったビュッフェも、子供が喜ぶこと間違いなし。キャンプ体験やバーベキューなど、大人も子供も楽しめるアクティビティが充実した宿もおすすめです。

  • HOTEL ARU KYOTO 三条木屋町通り

    京都府 / 京都市中京区

    HOTEL ARU KYOTO 三条木屋町通り

    京都の中心部に誕生した“大正ロマン”が薫るホテル

    2021年5月、京都市営地下鉄・三条京阪駅から徒歩約4分の京都中心部に誕生した、“大正ロマン”をコンセプトとするホテル。1920年代作という椅子などの調度品や、大正時代に活躍した竹久夢二の絵画などが館内を彩っている。全55室・8タイプから成る客室は、ステンドグラスが特徴。インテリアや家具の色使い、質感など細部までこだわりが感じられる。ノスタルジックな雰囲気ながらも機能的な部屋で、ゆっくりと寛ぎたい。

  • コスギリゾート

    熊本県 / 阿蘇市

    コスギリゾート

    大自然のなかで思い切り愉しむ快適なアウトドアライフ

    九州を代表する景勝地・阿蘇山のふもとに広がるアウトドアリゾート施設。大型グランピングテント「/Glandome」、アメリカ直輸入のトレーラーハウス「/The Trailer」、コテージタイプの「/Cottage」、ペットと泊まれる「/With Dogs」と、いずれもスタイリッシュな宿泊施設が揃う。バーベキューやたき火など、特別な準備をする必要のないアウトドア体験に加え、乙姫温泉での湯浴みも満喫できる。

  • ザ ノマド 八ヶ岳

    山梨県 / 北杜市

    ザ ノマド 八ヶ岳

    自然にかえり本来の自分を呼び覚ます旅を

    2022年春、八ヶ岳南麓にオープンした「ザ ノマド 八ヶ岳」は、遊牧民“ノマド”のように自然とともに旅するホテル。4,200坪あまりの広大な敷地に滞在する宿泊客は、一日わずか3組。都会の喧騒を離れ、広い空と美味しい空気、自然の香りに包まれながら、自分を解放して本来の自分を思い出す、至福の時を体験できる。自然に配慮したアメニティ類、地場のお肉類やオーガニック野菜が中心の新鮮な食事、地元の間伐材を使って地元の家具職人が作った家具など、環境や社会に優しいエシカルな暮らしのヒントも楽しみたい。

  • 龍宮城スパホテル三日月 富士見亭

    千葉県 / 木更津市

    龍宮城スパホテル三日月 富士見亭

    都心からアクセス良好な木更津のスパリゾートホテル

    全室から東京湾を望むリゾートホテル「龍宮城スパホテル三日月」。都心から約35分と抜群のアクセスも魅力だ。本館の「龍宮亭」と新館の「富士見亭」があり、「富士見亭」は全室に半露天風呂とテラス付き。晴天時には東京湾越しの富士山を眺めながら、半露天風呂で優雅に寛ぐことも。本館と新館でそれぞれに趣が異なる多彩な客室を揃え、一緒に過ごす人に合わせてさまざまなシーンで利用できる。温泉テーマパーク「スパ棟」には屋外の広大なプールなど、一日では遊び尽くせないほどのアクティビティが詰め込まれている。

子連れで楽しめる家族旅行におすすめな宿をエリア別で探す

三世代水入らずで過ごせる 誰もがくつろげる宿

親子三世代水入らずでゆっくり過ごしたいなら、和風の温泉宿がぴったり。みんながストレスを溜めずに過ごせるように、コネクティングルームなど、プライバシーを保てる部屋割りを選ぶのがおすすめです。果物狩りなど、子供も祖父母も一緒に楽しめるアクティビティがあれば、素敵な思い出作りにつながります。子供が小さいなら、キッズルームやキッズメニューを利用できるかどうかも要チェックです。

  • 沖縄ホテル

    沖縄県 / 那覇市

    沖縄ホテル

    古き良き情緒あふれる沖縄最古のホテル

    1941年に沖縄県初の観光ホテルとして創業し、守ってきた“もてなしの心”や“人のつながり”を大切に営業している。2023年11月24日、旅館棟・レンガ棟・瓦石垣・大道門の4施設が有形文化財に登録された。客室は和室やスイートルームなどがあり、そのほか共同のレンタルキッチンやコインランドリーなどを備え、子ども連れや長期滞在にも過ごしやすい環境だ。那覇市ではめずらしい大浴場があり、手足を伸ばして疲れを癒やせるのも魅力。那覇市の中心地にありながら、閑静で和やかな時間が流れる空間を旅の拠点にしよう。

  • 風の宿り

    長崎県 / 諫早市

    風の宿り

    隠れ家を思わせる贅沢なプライベート空間を独占

    長崎県諫早市にオープンした、1日1組限定の“ライフスタイルホテル”。自然に囲まれた約350坪の敷地に立つ「エントランス」「メインラウンジ」「ステイルーム」の3棟を、誰にも邪魔されることなく独占できる。地元・長崎で住宅建築、リフォームや造園業を営む「浜松建設」が手掛けただけあり、“暮らし方の提案”も感じ取れる個性的な宿だ。木の葉が揺れる音を愉しみ、鳥のさえずりを間近で聞き、生活の中で忘れていた物音や空気の音、花の香り、月の明かりに気づくことだろう。

  • 千明仁泉亭

    群馬県 / 渋川市

    千明仁泉亭

    伊香保温泉の豊富な湯量を誇る老舗温泉旅館

    伊香保温泉は、源泉「黄金の湯」が湧き出る、歴史と伝統あふれる関東屈指の温泉地。その中心にある、名物石段街沿いに佇む「千明仁泉亭」は、明治の文豪「徳冨蘆花」が愛した老舗旅館。温泉は湯量が豊富で、滝湯、大浴場、露天、無料の貸切家族風呂など種類も多数。2002年に建てられた別館客室棟「鶴の居」は和室など計4室あり、すべてに源泉掛け流しの半露天風呂が備わっている雅な客室。 豊かな源泉と、果てしなく澄んだ空に広がる上州連山や谷川岳などの山並みに癒される。

  • ホテルサンパレス球陽館

    沖縄県 / 那覇市

    ホテルサンパレス球陽館

    沖縄の魅力が詰まったホテルで癒しのひと時を

    沖縄の歴史と文化を大切に守り続けている、1948年創業の「ホテルサンパレス球陽館」。那覇市の中心部にありながら、青々と緑が茂る外観が沖縄の豊かな自然を感じさせる。また、カラフルな琉球ガラスがあしらわれた琉球漆喰の白壁のフロントや、暖かな光と木の温もりに包まれたライブラリーなど、沖縄らしさにこだわった空間が魅力。1~5名まで対応できる9種類の客室や、厳選素材を使った家庭料理など、温かいもてなしが旅人の心と体を優しく癒してくれる。沖縄の旅をいっそう豊かなものにしてくれそう。

三世代で楽しめる家族旅行におすすめな宿をエリア別で探す

パパママも安心してくつろげる 赤ちゃん歓迎の宿

子供が赤ちゃんのうちは、「子連れに優しい」を掲げた宿がおすすめ。赤ちゃんと一緒の家族専用プランをはじめ、家具の角が丸かったり、お絵かきができる壁があったりする特別仕様の客室や離乳食サービス、赤ちゃん用の食器やエプロン、おもちゃなど、嬉しいサービスが揃っています。食事は部屋食、お風呂は部屋付きまたは貸し切り可能であれば、赤ちゃんがぐずっても周りを気にせず、ゆっくり過ごせます。

  • 海舟

    京都府 / 京丹後市

    海舟

    美しい日本海が目の前に広がる絶景ビューが自慢の旅館

    美しい日本海の風景が見渡せる、絶景ビューが自慢の旅館。2023年春、上層階に展望温泉風呂が付いた特別客室が誕生した。展望露天風呂からは、昼は青い空と海を、夕刻には沈む夕日が一瞬にしてすべてを幻想的な風景に変えるさまを一望する。見る者を魅了してやまない大自然を眺めながら、好きな時間に好きなだけ夕日ヶ浦温泉を満喫できるのが嬉しい。また、予約制の「貸切り展望温泉」でも、夕日ヶ浦温泉に浸かりながら、夕日ヶ浦海岸から日本海を望む絶景を堪能することができる。

  • 奥水間温泉

    大阪府 / 貝塚市

    奥水間温泉

    四季の移ろいを体感できる泉州の山奥に佇む温泉宿

    “美人の湯”や“奇跡の湯”ともいわれる奥水間温泉が自慢の湯宿。ナトリウム-炭酸水素塩泉である奥水間温泉は、肌の汚れを落とすクレンジング効果に加え、皮膚表面を軟化させる作用もあるといわれ、切り傷ややけど、慢性的な皮膚疾患にも効果が期待できるほか、疲労回復や健康増進、冷え性など、さまざまな効能があるのだそう。そんな奥水間温泉を、渓流を見下ろしながら四季折々の風景を愉しめる露天風呂や内風呂で満喫できる。

  • sea-auberge shitsumi/海のオーベルジュ志積

    福井県 / 小浜市

    sea-auberge shitsumi/海のオーベルジュ志積

    志積の魅力が詰まったオーベルジュならではの贅沢

    自慢の料理は、民宿の離れだった建物を改修したレストランでいただける。地元食材を中心に、和と洋を取り入れた創作料理を提供しており、その時期に合うメニューが味わえるのも魅力。なかでも、現役のタコ漁師であるオーナーが自ら獲ったタコは絶品だ。福井県で水揚げされた証のタグが付いた、越前ガニを使用した冬限定のコースもあり、若狭が生んだ海の幸を堪能できる。※料理写真は一例。仕入れ状況によりメニュー変更あり。

  • JRホテルクレメント徳島

    徳島県 / 徳島市

    JRホテルクレメント徳島

    充実した時間を過ごせる館内施設と眺望が自慢のホテル

    JR徳島駅に直結する「JRホテルクレメント徳島」は、観光やビジネスの拠点としても特別に適したロケーションに立つ。高層階からは、徳島市街や吉野川、眉山、鳴門市、淡路島、和歌山県まで見渡せる眺望が自慢のひとつ。また、披露宴会場や本格チャペル、神殿など、ウエディングに対応可能な充実の館内施設とサービスで、ゲストをもてなしてくれる。さらにダイニングカフェ、日本料理レストラン、予約専用レストランなどがあり、地元の旬食材を使ったさまざまな食事を愉しむことができる。

赤ちゃん歓迎の家族旅行におすすめな宿をエリア別で探す

絶景を眺めながらくつろげる 温泉を満喫できる宿

小さな子供連れや家族水入らずで温泉を楽しみたいなら、露天風呂付客室に泊まるのがおすすめ。また、大浴場のほかに貸切風呂や家族風呂がある宿なら、周りの目を気にせずにさまざまなお風呂を楽しむことができます。シチュエーションを重視するなら、満天の星の下で入浴できる山あいの湯や大海原に臨む露天風呂、雪見風呂の宿といった選択肢も。どれも忘れられない思い出になりそうです。

  • 地獄温泉 青風荘.

    熊本県 / 阿蘇郡

    地獄温泉 青風荘.

    長い歴史を大切にした新しい湯治文化の発信拠点

    江戸時代から200年を超えて愛される地獄温泉に立つ老舗旅館。2016年の熊本地震後も湯はこんこんと沸き続け、被災した建物を改修するとともに時代の変化に合わせた新しい湯治文化を発信する宿として生まれ変わった。温泉に浸かることで自然と一体になり、日頃の疲れを癒やす現代の湯治は「自分らしく生きることを導く」という。阿蘇地方の大自然に触れながら「すずめの湯」「たまごの湯」「元の湯」と3つある湯処を巡り、自然湧出する天然温泉で自分を取り戻す湯浴みを満喫しよう。

  • 清風荘

    福井県 / あわら市

    清風荘

    四季折々の旬の味覚が大集合した夕食ビュッフェが自慢

    “関西の奥座敷”と呼ばれ、昔から多くの文人墨客に愛されてきたあわら温泉は、福井県屈指のいで湯であり、温泉療法医が勧める名湯百選のひとつ。そこに佇む「清風荘」は、開業より約70年の歴史を持つ湯宿で、庭園露天風呂は北陸最大級だ。ゆったりと寛げる客室が揃っているので、目的や好みに合わせて選びたい。また、2022年9月に劇場型ビュッフェ「虹」がリニューアルオープン。旬の地元食材や日本海の幸などを使って、料理人が目の前で調理する夕食ビュッフェに満足すること間違いなしだ。

  • 五岳ホテル

    熊本県 / 阿蘇市

    五岳ホテル

    阿蘇内牧温泉唯一の温泉付きビジネスホテル

    阿蘇内牧温泉唯一の、天然温泉のあるビジネスホテル。客室は、旅のスタイルや目的によって選べる各タイプが揃う。館内には大浴場のほか、2つの家族風呂があり、24時間いつでも源泉掛け流しの天然温泉を楽しめる。観光や出張での疲れを、心ゆくまで瘉そう。夕食には四季折々の旬の食材を使った、料理の数々が並ぶ。会席料理では馬刺しや黒毛和牛なども堪能でき、コスパの良さも嬉しい。ホテルは阿蘇五岳が一望できる絶好のロケーションにあり、草千里ケ浜、仙酔峡など、阿蘇の観光スポットにも好アクセスだ。

  • 神田山荘

    広島県 / 広島市東区

    神田山荘

    神田山から広島市街を一望する温泉宿泊施設

    広島市東区に連なる山のひとつ神田山中腹にある、日帰り温泉とクアハウスに宿泊施設を備えた神田山荘。客室、大浴場、露天風呂などから宮島をも望む絶景が満喫できる。地下約1,800mから汲み上げた天然温泉・神田山温泉が、大浴場や露天風呂のほか気泡浴や寝湯などでも堪能でき、さらに本格的なマシンが揃うトレーニングルーム、水着で楽しめる「バーデゾーン」もあるので利用したい。定期運行の無料送迎バスがあり、広島県観光の拠点として宿泊すればアクセスも良好。家族や友人との旅行や合宿などの行事でも訪れてみよう。

温泉が充実した家族旅行におすすめな宿をエリア別で探す

家族旅行におすすめの宿をエリア別で探す

よくあるご質問

  • 新垣結衣さんや米倉涼子さんが登場する「月刊旅色」をいつも楽しみにしていますが、最近は「旅色FO-CAL」も気になっています。旅色FO-CALについて詳しく教えてください。

    いつもご覧いただきありがとうございます。「旅色FO-CAL」は日本のローカルにフォーカスする旅色特別号で、はじめて訪れる土地で見つけた感動や興奮をお届けする電子雑誌です。毎月25日公開の「月刊旅色」とあわせて、旅色FO-CALも是非お楽しみください。

  • 旅色では観光情報だけでなく、旅館・ホテル、飲食店、レジャースポットの情報を取り扱っているかと思いますが、それぞれどのページを参考に選べばよいでしょうか。

    旅館・ホテル」「グルメ・飲食店」「観光・体験・レジャー」など、それぞれで専用のページを設けています。また「人気ランキング」「厳千宿」「テーマ別特集」など特別コンテンツでもご紹介しております。

その他の特集を見る

サウナ付きのホテル・旅館で 心おきなくととのう旅
家族旅行におすすめの宿
一棟貸し貸別荘で過ごす休日
おしゃれに楽しむグランピング グランピングという贅沢
ずっと思い出に残るひと時を 記念日を特別にする旅館・ホテル