「リピーターに愛されるオーベルジュの鯛めしセット」にまつわるストーリー

全国

2023.05.06

LINEでシェア
はてなでシェア
pocketでシェア
「リピーターに愛されるオーベルジュの鯛めしセット」にまつわるストーリー

1日10組限定の宿「オーベルジュ サウステラス」の名物が“土鍋の炊きご飯”。普段は、季節に応じてズワイガニのほぐし身や、アカイカ、秋サケなど旬のものを提供していますが、こちらは、縁起物の鯛を味わえるセットです。

もともとは、リピーターのお客様などから、祝いの席でのリクエストがあった場合のみ、つくっていたものだそうですが「コロナ禍においても、そういった方に縁起物でもある“鯛”を自宅で食べてもらって、宿を思い出してもらいたい、少しでも楽しい気持ちになってもらいたい」という思いから商品化されたそうです。

目次

閉じる

健康のためのおいしい食事にこだわったオーベルジュ

プロの技が表現された鯛の焼き加減

見た目も上品に炊き上がる薄口の出汁

一人500円でオーベルジュの味が楽しめる

健康のためのおいしい食事にこだわったオーベルジュ

訪れた人が“イキイキと元気であってほしい”との思いから、“健康=美”をコンセプトに掲げている和歌山の名宿。1日10組限定で、料理長が真に丹精を込めた料理を堪能できます。地元・和歌山の新鮮な食材が使われた料理は、おいしいだけでなく、体が喜ぶこと請け合いです。

プロの技が表現された鯛の焼き加減

今回お話を伺ったのが、ホテルの和食担当の宮本さん(右)、洋食担当の久保坂さん(左)。

商品化するにあたって一番こだわったのは、鯛の焼き加減だそう。表面のみ焼いた方がいいのか? 完全に焼いた方いいのか? という試行錯誤のすえ「最終的には、表面にのみ焼目を入れることで、香ばしいにおいと、味に深みを加えています。“メイラード反応”という手法ですね」とミヤモトさんが語ります。焦げ目があることで、炊きあがりの見た目もよりおいしそうです。

見た目も上品に炊き上がる薄口の出汁

かつお削り節、昆布、醤油などを使っている出汁にもひと工夫が。商品化するにあたり、もともとホテルで使っていたものよりも、色が薄めの醤油を使用し、炊き上がりがより上品な色味になるように改良。味に変化をださずに、“見た目のおいしさ”をプラス。

一人500円でオーベルジュの味が楽しめる

切り身2つと、出汁のセットが届きます。こちらを2合の米と一緒に炊き上げるだけ。およそ4人前なので、一人あたり500円でオーベルジュの味が楽しめます。鱗も骨も取り除かれているので、一気にまぜて食べられるのもうれしいポイント。「木の芽などの色味のあるものを添えるとより見た目もよくなります」とミヤモトさん。

和歌山の紀南地方は海と山に囲まれた土地柄で、山のものも、海のものも絶品。そんな、和歌山産の鯛めしを食べて、自宅でも“おめでたい”気分を味わってみませんか?

関連施設の詳細を見る

Related Tag

#お取り寄せ #ホテル #ご当地グルメ #お取り寄せグルメ #オーベルジュ #鯛めし

Author

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

編集部おすすめの記事や、注目のインタビュー、旅色に関するニュースなどを発信しています。メンバー限定で参加できるファンコミュニティ(likes.tabiiro.jp)の活動報告や、イベント情報も! ▽注目のコンテンツ ・読めばきっと旅気分「月刊旅色」 ・ローカルにフォーカスする「旅色FO-CAL」 ・おいしいが見つかる「旅色おとりよせグルメ」

Articles

tabiiro 旅色編集部

まだ間に合う! 女子キャンプブームの火付け役・こいしゆうかさん伝授、GWの穴場キャンプ場5つ 〔2024年4月更新〕

tabiiro 旅色編集部

旅色の地域プロデューサーおすすめ! 実はカフェ激戦区な宇都宮で本格珈琲が飲めるお店3選

tabiiro 旅色編集部

【北海道】いま活気づく仁木町で春の女子旅へ

New articles

- 新着記事 -

GWは注目のまち・近江八幡で特別公開の建築めぐりへ。ヴォーリズ建築ガイド〔2024年4月更新〕
  • NEW

滋賀県

2024.04.19

GWは注目のまち・近江八幡で特別公開の建築めぐりへ。ヴォーリズ建築ガイド〔2024年4月更新〕

歴史旅 長月あき

長月あき

歴史旅

まだ間に合う! 女子キャンプブームの火付け役・こいしゆうかさん伝授、GWの穴場キャンプ場5つ 〔2024年4月更新〕
  • NEW

全国

2024.04.18

まだ間に合う! 女子キャンプブームの火付け役・こいしゆうかさん伝授、GWの穴場キャンプ場5つ 〔2024年4月更新〕

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【京都在住ライターのご近所さんぽ】夜の京都駅をぶらぶら歩く
  • NEW

京都府

2024.04.17

【京都在住ライターのご近所さんぽ】夜の京都駅をぶらぶら歩く

京都おさんぽ旅 ちあき

ちあき

京都おさんぽ旅

【青木裕子の親子旅】栃木で注目の「58ロハスクラブ」でグランピングに食育体験、アスレチックと欲張り旅 ※2024年4月更新
  • NEW

栃木県

2024.04.16

【青木裕子の親子旅】栃木で注目の「58ロハスクラブ」でグランピングに食育体験、アスレチックと欲張り旅 ※2024年4月更新

親子旅 青木裕子

青木裕子

親子旅

[2024.4.16追加]早起きの価値あり! 気分があがる渋谷の朝食2024
  • NEW

東京都

2024.04.16

[2024.4.16追加]早起きの価値あり! 気分があがる渋谷の朝食2024

編集部 ホソブチ

ホソブチ

編集部

【神田】人気映画の貴重アイテムがズラリ! 映画ファンが愛するSFバー「神田フラックス」へ
  • NEW

東京都

2024.04.14

【神田】人気映画の貴重アイテムがズラリ! 映画ファンが愛するSFバー「神田フラックス」へ

映画ソムリエ 東紗友美

東紗友美

映画ソムリエ

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

鉄道旅 なお

鉄道旅鉄道旅

なお

歴史旅 長月あき

歴史旅歴史旅

長月あき

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

京都おさんぽ旅 ちあき

京都おさんぽ旅京都おさんぽ旅

ちあき

親子旅 青木裕子

親子旅親子旅

青木裕子

編集部 ホソブチ

編集部

ホソブチ

映画ソムリエ 東紗友美

映画ソムリエ

東紗友美

写真家 こばやしかをる

写真家

こばやしかをる