菜の花に彩られたいすみ鉄道を撮りに行こう! 千葉県房総エリアで春の鉄道撮影旅 

千葉県

2024.03.20

LINEでシェア
はてなでシェア
pocketでシェア
菜の花に彩られたいすみ鉄道を撮りに行こう! 千葉県房総エリアで春の鉄道撮影旅 

愛読書は時刻表、旅色LIKESライターの鉄道旅担当なおです。今回ご紹介するのは千葉県を走るローカル線「いすみ鉄道」。春は菜の花でいっぱいになる沿線の撮影スポットをご紹介します。

目次

閉じる

朝日のまぶしい大原駅からローカル線の旅へ

菜の花カラーの列車で最初の撮影スポットへ

これぞ映える踏切! 第二五之町(ごのまち)踏切

菜の花の向こうで列車を待つ無人駅・新田野(にったの)駅

いすみ鉄道のオアシススポット・国吉駅

カーブのある撮影スポットで走りくるローカル線を撮る

おわりに

朝日のまぶしい大原駅からローカル線の旅へ

大原駅

こんにちは、旅色LIKESの鉄道担当・なおです。
今回、わたしは房総半島の東部にある千葉県いすみ市の大原駅に来ています。この駅から房総半島の内陸部の上総(かずさ)中野駅までを結ぶいすみ鉄道。毎年春になると沿線に咲く菜の花と、そこを走る列車の姿をカメラに収めようとする観光客でにぎわいます。ほとんどの方は車で写真を撮りに来るのですが、それでは鉄道会社の収益が上がりません。鉄道をこよなく愛する私は、ローカル線の旅も楽しみながら菜の花と鉄道の写真を撮ることにチャレンジしました。

菜の花カラーの列車で最初の撮影スポットへ

いすみ鉄道

千葉駅を6:27に出発する外房線の列車に乗って70分ほどで大原駅に到着しました。いすみ鉄道のホームには、明るい黄色のいすみ鉄道の列車がホームで出発を待っています。電車をみるだけで菜の花を見た気分にさせてくれるようです。7:45発で乗り換え時間はわずかですので急ぎましょう。
※今回ご紹介する時刻はすべて休日ダイヤでのご案内です。

いすみ鉄道

モバイル版もあります

今回利用したのは「土休日用 いすみ鉄道1日フリー乗車券」です。平日は大人1,200円で土休日は1,500円。何度も乗り降りするのでこちらの切符が便利です。

走り始めた列車の車窓からのどかな田園風景を眺めます。線路際に菜の花が見えるようになってきました。いすみ鉄道では沿線のいたるところで菜の花を楽しむことができます。

上総中川駅
上総中川駅

ホームからの景色

8:07 上総中川駅で下車します。ここから最初の撮影ポイントまでは歩いて10分ほどですが、下車したのは私ひとり。やはり撮影は車で来るのがスタンダードのようです。

千葉県いすみ市

いちめんのなのはな いちめんのなのはな。

千葉県いすみ市

国道465号線を国吉駅に向かって歩きます。大野入口交差点信号付近は、一面の菜の花の上を列車が走る鉄道写真の撮影スポットです。ここを列車が通るのは8:26ごろ。スタンバイして列車を待ちます。

鉄道写真の撮影スポット

来ました!

鉄道写真の撮影スポット

黄色の海を黄色い列車がわたっていきます。

鉄道写真の撮影スポット

列車がいちめんのなのはなの上を過ぎ去ってゆきます。それは一瞬の出来事でした。

さて、写真を撮り終えたら次の目的地に向かいます。いすみ鉄道は1~2時間に1本の運転です。万一乗り過ごしてしまうと、その後の計画が大きく狂うことになりますのでご注意を。

これぞ映える踏切! 第二五之町(ごのまち)踏切

スクーターのおじさんの後ろ姿もよき。

菜の花の咲く土手の上の鉄道設備さえ愛おしい。

国吉駅に向かってさらに歩いていきます。国道から外れて線路沿いを歩くと、のどかな田園風景。こんな景色の中をのんびり歩くのもローカル線旅の醍醐味です。

第二五之町踏切
第二五之町踏切

写真映えすることで有名になった「第二五之町踏切」は、田園風景の中にありました。遮断機もなく、舗装もされておらず車も通れないような踏切。春のこの季節は菜の花とともに、夏の夜は天の川とともに写真を撮ろうと観光客が訪ねてきます。この日は抜けるような青空のもと、静かに佇む踏切の写真を撮ることができました。

菜の花の向こうで列車を待つ無人駅・新田野(にったの)駅

新田野駅

第二五之町踏切から20分ほど歩いて国吉駅に到着。9:40発の列車で一駅大原駅方面に進み新田野駅で下車しました。ここは駅の周辺に菜の花が咲いています。次に新田野駅に列車が来るのは10:42。1時間ほどあるのでゆっくり撮影ポイントを探してもいいですし、国吉駅から歩くのもいいでしょう。

新田野駅

列車がいなくても十分映える駅。ポスターに出てきそうです。

新田野駅

列車がやってきました。

新田野駅

列車はひとりの乗降客もないまま、

新田野駅

ディーゼル音を響かせて次の駅に向かいます。

写真を撮り終えたら歩いて国吉駅に戻ります。今去っていった列車に乗っていれば2分で国吉駅まで運んでいってくれるのですが、鉄道写真を撮るためあえて乗り過ごします。鉄道に乗りながら鉄道写真を撮るためには列車を見送り徒歩で移動することも必要になります。

いすみ鉄道のオアシススポット・国吉駅

国吉駅

新田野駅から徒歩約25分、国吉駅に到着しました。次の上総中野駅方面の列車は11:53と少し時間があります。ここまでの間でのべ1時間以上歩いてきたので休憩を……。

いすみのたこめし
いすみのたこめし

あんな幟を見たら買わないわけにはいかないでしょう。

いすみのたこめし

地元名産のたこを使ったたこめし。ハンバーグのようなものはなめろうを焼いた郷土料理「さんが焼き」です。

駅に掲げられた「たこめし」の幟(のぼり)が目をひきます。国吉駅では近くの松屋旅館が製造している「いすみのたこめし」(1,000円)が販売されています。いすみ市は太平洋に面しており、大原、太東地区ではたこ漁が盛んです。お昼ごはんで地元の味を堪能ます。

いすみのたこめし

このたこめし、お昼時は国吉駅停車中の列車にいすみ鉄道応援団の方が乗り込んで車内販売をしてくれますよ!

国吉駅
国吉駅

このほかにも国吉駅は駅の向こうに菜の花の農園があって、菜の花越しに停泊中の列車の撮影ができたり、待合所のベンチでつるし雛を見ることができたり。待ち時間も全く飽きることのない駅でした。

カーブのある撮影スポットで走りくるローカル線を撮る

大多喜駅

国吉駅を出た列車はいすみ鉄道の主要駅である大多喜(おおたき)駅で職員さんが盛大なお見送りを受けます。こういうあったかいおもてなしが何ともうれしいです。

大多喜城

今回、車窓から眺めるだけになってしまった大多喜城。徳川家康が関東に移った際に本多忠勝が入城し改築をしたお城です。現在は休館中のようで、こちらは次に来たときゆっくり訪ねたいと思います。

東総元駅

12:24 東総元(ひがしふさもと)駅で下車します。この駅はおみくじを模した形になっており、大型の「回転式おみくじ」が備えられています。折角なのでわたしも運試しで回してみます。が…!

東総元駅

うん、小吉?中吉?微妙な結果でした。

東総元駅

カーブの向こうから列車がやってきます。

東総元駅

来ました! 脇の桜も咲き始めており、まさに春のローカル線の絶景です。

東総元駅

1日1往復の急行でした(3月10日の撮影日当時。現在は普通列車のみの運転となっています)。

さて、わたしがここで下車したのはおみくじをやるためだけではありません。この駅の先にあるカーブが菜の花と一緒に列車の撮影をすることができるポイントなのです。40分ほど待って13:02、上り列車がやってきました。

列車が去ったあと、東総元駅で上総中野駅行きの列車を待ちます。先ほどの列車の撮影のためにこの駅で降り1時間以上ここに滞在しましたが、花に集うヒヨドリやスズメを眺めるだけでも都会の喧騒から逃れられた気がして心が洗われます。心から来てよかったと思いました。

おわりに

いすみ鉄道

13:24に東総元駅を出た列車は13:39に終点の上総中野駅に到着しました。この駅では内房の五井駅までを結ぶ小湊鉄道に乗り継ぐことができます。あいにくこの時間は接続している列車がありませんでした。もし小湊鉄道の旅も楽しみたいようでしたら、東総元駅の下車をやめることで乗り継ぐことが可能です。小湊鉄道にも菜の花撮影ポイントが数多くありますよ!

いすみ鉄道

菜の花に囲まれた沿線を走る菜の花カラーのいすみ鉄道。これからの季節は桜も花を添え最も美しい季節を迎えます。ぜひいすみ鉄道に乗りながら、のんびりと房総の春の景色をカメラに収める旅に来ていただきたいと思います。

◆いすみ鉄道
走行区間:大原駅~上総中野駅

●いすみ鉄道1日フリー乗車券
発売期間:通年
有効期限:1日
料金:平日 おとな 1,200円 こども 600円、土日祝日 おとな 1,500円 こども 750円

◆今回の旅のおさらい
7:45 大原駅発
8:07 上総中川駅着
8:17 徒歩で大野入口交差点着
8:26 ≪菜の花畑の上を走る列車撮影≫
8:43 徒歩で第二五之町踏切着
9:10 徒歩で国吉駅着
9:40 国吉駅発
9:43 新田野駅着
10:42 ≪新田野駅を発車する列車の撮影≫
11:10 徒歩で国吉駅着(国吉駅散策)
11:53 国吉駅発
12:24 東総元駅着 カーブの撮影スポットまでは徒歩3分
13:02 ≪カーブの撮影スポットで列車写真撮影≫
13:24 東総元駅発
13:39 上総中野駅着
13:48 上総中野駅発の列車で大原駅に向かい帰路へ

「いすみ鉄道」公式HPはこちら

Related Tag

#鉄道旅 #千葉県 #絶景 #旅色LIKES #菜の花 #いすみ鉄道

Author

鉄道旅 なお

鉄道旅鉄道旅

なお

とにかく旅好きで暇さえあればリュックひとつでどこかに出かけています。鉄道をこよなく愛し、時刻表はわたしの愛読書。温泉も大好きなので鉄道を使って温泉巡りする、そんな記事が多いかもしれません。最近は絶景めぐりも旅のポイントにしています。みなさんオススメの絶景情報求む!

Articles

鉄道旅 なお

富士山周辺の観光を堪能! 鉄道旅ライターが行く、富士急行旅【山梨】

鉄道旅 なお

【東京】さくらトラムで桜撮らん? 都電荒川線で桜巡りイベントレポート

鉄道旅 なお

からだの半分は赤だしでできている。愛知県岡崎市の名物「八丁味噌」を求めて

New articles

- 新着記事 -

【長野・小川村】おやきの故郷、「小川の庄おやき村」で縄文おやき作り体験をしよう!
  • NEW

長野県

2024.05.24

【長野・小川村】おやきの故郷、「小川の庄おやき村」で縄文おやき作り体験をしよう!

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

みっちゃん

甲信&ドライブ旅

2024年5月にプライベートサウナがオープン! 旅色地域プロデューサーが足繁く通う「雲仙みかどホテル」で、骨抜きになる癒し旅へ【長崎】
  • NEW

長崎県

2024.05.23

2024年5月にプライベートサウナがオープン! 旅色地域プロデューサーが足繁く通う「雲仙みかどホテル」で、骨抜きになる癒し旅へ【長崎】

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【福岡・糸島】おすすめの絶景とカフェへ! 初夏のドライブ女子旅
  • NEW

福岡県

2024.05.22

【福岡・糸島】おすすめの絶景とカフェへ! 初夏のドライブ女子旅

女子旅 ほしこ

ほしこ

女子旅

【開催間近!】市の一大イベント「川開き観光祭」と合わせて巡りたいスポットを九州在住ライターがご案内
  • NEW

大分県

2024.05.21

【開催間近!】市の一大イベント「川開き観光祭」と合わせて巡りたいスポットを九州在住ライターがご案内

九州&着物旅 かっきー

かっきー

九州&着物旅

富士山周辺の観光を堪能! 鉄道旅ライターが行く、富士急行旅【山梨】
  • NEW

山梨県

2024.05.20

富士山周辺の観光を堪能! 鉄道旅ライターが行く、富士急行旅【山梨】

鉄道旅 なお

なお

鉄道旅

今一番アツい交差点はここ! 原宿「ハラカド」で最先端カルチャーを浴びる

東京都

2024.05.14

今一番アツい交差点はここ! 原宿「ハラカド」で最先端カルチャーを浴びる

編集部 ホソブチ

ホソブチ

編集部

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

甲信&ドライブ旅甲信&ドライブ旅

みっちゃん

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

女子旅 ほしこ

女子旅女子旅

ほしこ

九州&着物旅 かっきー

九州&着物旅九州&着物旅

かっきー

鉄道旅 なお

鉄道旅鉄道旅

なお

編集部 ホソブチ

編集部

ホソブチ

親子旅 トシ

親子旅親子旅

トシ

LIKESレポーター ERI

LIKESレポーターLIKESレポーター

ERI