かわいすぎるムーミンたちに夢中! 「metsä」で紅葉と北欧の世界を堪能する旅

埼玉県

2021.12.02

LINEでシェア
はてなでシェア
pocketでシェア
かわいすぎるムーミンたちに夢中! 「metsä」で紅葉と北欧の世界を堪能する旅

こんにちは! 旅色アンバサダーのあんはなです。街を歩いていても赤や黄色に色づいた木々が目立ち、紅葉シーズンもピークを迎えてきましたね。この季節こそ自然の中で一日を過ごしたいと思い、埼玉県飯能市にある「metsä(メッツァ)」行ってきました。metsäは、無料で誰でも入れる「メッツァヴィレッジ」と、有料のチケットを買って入園する「ムーミンバレーパーク」の2つのエリアから構成されています。メッツァヴィレッジは北欧をテーマにした公園、ムーミンバレーパークは、フィンランド以外では初のムーミンのテーマパークなんですよ。

目次

閉じる

北欧気分が味わえる「メッツァヴィレッジ」でランチ&お散歩

ムーミンと仲間たちに会いに「ムーミンバレーパーク」へ

「コケムス」でムーミンの世界を堪能

この日はお天気に恵まれ、絶好のお出かけ日和。宮沢湖周辺の樹々も鮮やかに色づき、きれいな紅葉と北欧の世界をのんびり楽しんできました。
©Moomin Characters™

北欧気分が味わえる「メッツァヴィレッジ」でランチ&お散歩

駐車場から少し歩き、ムーミンバレーパークの手前にあるメッツァヴィレッジに到着しました。

まずはこの中にある「LAGOM(ラーゴム)」というレストランでランチタイム。北欧スタイルのビュッフェが楽しめます。この日は土曜日でしたが、店内が広いのであまり混んでおらず、並ばずに入ることができました。

ビュッフェの内容はなかなか見慣れない料理もありますが、野菜が豊富で健康的。どれもとってもおいしいです。ホワイトカレーやビーフシチューは北欧気分が味わえておすすめです! ドリンクやアイスクリームも料金に含まれているのも嬉しいですね。

また、12月10日からはメニューが変更になるそうです。詳しくはHPをチェックしてみてくださいね。

内装や食器などいたるところに北欧スタイルのものが散りばめられていて、つい写真をたくさん撮りたくなっちゃいます。窓際で宮沢湖を眺めながらの食事もできますよ。「ムーミンバレーパークに行くときはここ!」と決めているお気に入りのレストランです♡

メッツァヴィレッジにはレストランやショップのほか、宮沢湖を眺めながらのんびり過ごせる芝生の広場もあります。こんなにかわいい写真スポットもありますよ~!

◆LAGOM
営業時間:ビュッフェスタイル11:00~15:00、アラカルト15:00~
料金:大人 平日1,600円、土・日・祝日2,000円
4歳~小学生以下1,100円
3歳以下無料
※制限時間90分

ムーミンと仲間たちに会いに「ムーミンバレーパーク」へ

宮沢湖沿いをお散歩しながらお目当てのムーミンバレーパークへ。エントランスには本の形をしたウェルカムゲートがあります。もうすぐムーミンたちに会える! とワクワクしながらムーミンの世界に足を踏み入れました。

1デーパスを購入することで、ムーミン屋敷をはじめとする各アトラクションや展示施設「コケムス」を楽しむことができます。写真はムーミンの物語にも出てくる、パークのシンボル・ムーミン屋敷。とってもリアルに再現されています! 後ろの紅葉もきれいですね。

エンマの劇場では、ムーミンとその仲間たちによるショーが行われています。歌ったり踊ったり、かわいらしいムーミンたちに出会えますよ。

「コケムス」でムーミンの世界を堪能

「コケムス」では、ムーミンに関するさまざまな展示を楽しむことができます。参加型の展示も多くあり、ムーミン好きにはたまらないスポットです。ムーミン谷の巨大ジオラマはとても精巧に作られていて、見ごたえがありますよ。

1階は広いグッズ売り場。グッズはどれも可愛くてついたくさん買いそうになってしまいます。今回私は、まだお家にいなかった「スノークのお嬢さん」のぬいぐるみを購入して帰りました。

自然が多く、四季を感じられる「metsä(メッツァ)」。北欧の雰囲気とムーミンの世界観を存分に楽しむことができ、フォトスポットもたくさん。写真を撮るのに夢中になって、あっという間に時間が過ぎちゃいます。12月10日からは、Well-being (心もからだも心地よい状態が継続すること)をテーマに、ライブラリーカフェやキッズスペースができるなど園内全体がリニューアルする予定だそう。ますます楽しみが増えるおすすめのお出かけスポットなので、ぜひ行ってみてくださいね!

◆ムーミンバレーパーク
住所:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
電話:0570-03-1066
料金(1デーパス):大人(中学生以上)3,200円、子ども(4歳以上小学生以下)2,000円

Related Tag

#フォトジェニック #映え旅 #紅葉 #インスタ映え #メッツァビレッジ

Author

映え旅 あんはな

Ambassador

映え旅映え旅

あんはな

「生きることは旅すること」をテーマに活動する、旅行好きのアラサー主婦。子育てをしながら、女性誌での専属読者モデルや公式ブロガー、インフルエンサーとしても活躍。リゾートで絶景に囲まれながらおいしいお酒、おいしい食べものを堪能するのが人生の楽しみ。海外旅行では、現地のスーパーマーケットでそこでしか買えない掘り出し物を見つけるのが趣味。今後はママ目線でのお出かけ情報もどんどん発信予定!

Articles

映え旅 あんはな

話題の映えスポットに名物そば、アートを満喫する 新潟県南魚沼市・十日町市でのフォトジェニック旅

映え旅 あんはな

【FO-CALオフショット】やまがた出羽百観音を巡る1泊2日の旅へ出かけました

映え旅 あんはな

【茨城県】写真映えもする水戸市でおすすめの自然&歴史スポット3選

New articles

- 新着記事 -

温泉だけじゃない。竹細工の聖地・別府市を巡る旅
  • NEW

大分県

2024.02.28

温泉だけじゃない。竹細工の聖地・別府市を巡る旅

旅色LIKES メンバー

メンバー

旅色LIKES

人生で初めておいしい柿に出会った豊岡市の旅
  • NEW

兵庫県

2024.02.28

人生で初めておいしい柿に出会った豊岡市の旅

フォトエッセイ リリ

リリ

フォトエッセイ

春の訪れを感じる 奈良の伝統行事「修二会」と京都随一の梅の名所「城南宮」へ
  • NEW

全国

2024.02.27

春の訪れを感じる 奈良の伝統行事「修二会」と京都随一の梅の名所「城南宮」へ

旅色LIKES メンバー

メンバー

旅色LIKES

羽田美智子さんが町のあたたかさに触れる 『月刊旅色2024年3月号』が公開!
  • NEW

福島県

2024.02.26

羽田美智子さんが町のあたたかさに触れる 『月刊旅色2024年3月号』が公開!

編集部 シラタ

シラタ

編集部

これがタダ!? 都内の夜景を楽しめる無料展望施設4選

東京都

2024.02.20

これがタダ!? 都内の夜景を楽しめる無料展望施設4選

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【静岡】早春におすすめ! 伊東線・伊豆急行線で春を迎えに行く旅

静岡県

2024.02.20

【静岡】早春におすすめ! 伊東線・伊豆急行線で春を迎えに行く旅

鉄道旅 なお

なお

鉄道旅

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

旅色LIKES メンバー

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

フォトエッセイ リリ

フォトエッセイフォトエッセイ

リリ

編集部 シラタ

編集部

シラタ

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

鉄道旅 なお

鉄道旅鉄道旅

なお

歴史旅 長月あき

歴史旅歴史旅

長月あき

ワーケーション旅 &ヨシカ

ワーケーション旅ワーケーション旅

&ヨシカ

親子旅 トシ

親子旅親子旅

トシ